« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月に作成された投稿

ライブレポート

2011_02240021_4

2/24空想の森ACOUSTIC VOL2

G2×森永エイジ 2マンライブ@磐田FMステージ

2011_02240024_3

みさこさん気の利いたボードありがとう。

うん

アコースティックのライブにはね

色がある

言葉がある

世界がある

そんな空間を、磐田の方々にお届けしたかったのであります!

ご来場頂きました皆様

オープニングを飾ってくれた、VAMOWS、REE君

FMステージの方々

共演してくれたG2

サポートの斉藤さん

ありがとうございました!!

SETLIST

1、インナートリップ

2、赤いギターの女の子

3、薫風

4、上を向いてよう

5、緑のアンブレラ

6、6弦の春

7、~ギター1本で遊ぼうのコーナー~

LET IT BE→なごり雪→大きな古時計

春よ、来い→強く儚い者たち→Traveling メドレー

8、ア・リトル・グライダー

以上

スタッフ長谷川の写真コーナー

2011_02240079_2

叫ぶ森永、素の斉藤 

2011_02240055

2011_02240103

2011_02240026

本番前 左からVAMOWSのアリフ氏、森永、G2の健太郎氏

そして打ち上げ♪

2011_02240126

次回は、5月23日にやります!!

静岡周辺の皆さん、是非楽しみにしていてくださいね!!

さあ

次は

3月8日、大阪ワンマン!!!!

いくぞおおおおおお

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨上がり、空想の森

Phot00000000000336a9_500_0

ついに本日です☆

静岡、空想の森ACOUSTICライブ!!

我輩、ベストコンディションです。

しかし

空想の世界に雨はなんて似合うのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上昇志向

Uewo_3

春の訪れの香りがしてきました!

映し出すミラーにまで突き抜けるようなブルー

今日はお昼まで寝て、寝癖ぼさぼさの頭でご近所を散歩。

その道中での1枚

ふふふふ

下校時の子供のはしゃぐ声と、新しい風がうねりを上げる音。

傍を流れる小川はただ静かにさらさらと

そんな中、コーヒーを買う自動販売機もいつもより明るい面持ちで僕を待っていました。

ただただ、川の流れに目を泳がせながらぼーっとコーヒーを飲む。

最近会っていないある1人の知り合いをふと思い出す。

元気なのだろうか。

ふと見上げるとどこまでも続く青がある。

自分の音楽を届けたいな

もともと上昇志向のあまりない人間なのですが

やはり俺は、音楽で上を目指すべきかな

やれるだけやってみるよ、マイフレン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

私の愛に腰掛けて

Isu

どか=ん!

椅子を業者買いーーー!!!

2/24静岡、磐田FMステージライブ『空想の森ACOUSTIC』の為に買いました!

立ってアコースティック聴くの大変だからね。

ライブ当日は、お尻に私の愛を感じてくださいheart01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

音楽道

Dai_toire

音楽を追求する限り、人生は宝の山である。

あちこちがキラキラ光ってる

音楽を志す喜びを書き殴りたい気持ち!文章をまとめる気はありません、あしからず。笑

高校生のとき、大好きな曲があった。

神秘的な曲で、その空想力に夢中だった。

惑わせるような色気と透明感が共存した曲

当時はそんなこと冷静に分析するわけでもなく、ただただその雰囲気に酔いしれた。

そして18歳、何やっても補欠な俺が、音楽を始めたとたん、周りの反応が違った気がした。

そして音楽に夢中になった。

20歳、バンド経験もひとしお、高校の頃夢中で聴いてたその曲を久しぶりに聴くと、当時見えなかった側面が色々と見えてくる

神秘性はその人間からきてること

音楽は人間そのものなんだ、と

あの好きだった音はギターをこんな風に弾いていたんだとか

頭を横に振ってしまうのはこのねっちょりしたベースのせいなのか、とか

25歳、本格的にボーカルを学んだ。

また同じ曲で新たな側面が見えてくる

高音の鼻のかけかたとか

息遣いやそのコントロール

緊張と緩和の表現力とか

そして、RECORDINGをやってる今は、その曲を聴いて

神秘的な雰囲気を活かすキーボードの音の配置とか

ドラムぜんぜん刻んでねえなとか

なのに疾走感がある、なんでだろうと探るとアコギがその役目をしていたり

ふくよかさをピアノで入れて、かつボーカルの邪魔をしないアレンジとか

本当に

楽しみに終わりがない

発見の毎日!!

刺激的!!!!

1曲だけでもこれだけの発見

世界にはまだまだ知らない名曲がある

うん

詩の書き方ひとつでもそう

『さくら』という曲を作るとする。

桜を見た自分の感情を描くのか

桜になって、自分の体から花びらが散っていくのはどんな感情なのかという視点とか

桜を見る周辺(他人とか)を描くのか

海の中に咲く桜をイメージして空想力で描くのか

宇宙にもっていってみるとか

ひとそれぞれ、決まりはないし、自由だ

その分

誰かと同じ表現しかできないアーティストに価値はない

それが流行の法則にしたがってても

おもしろくないものはおもしろくない

でもそんなのが売れたりする

それがまたなんかおもしろかったりする(ちょっと混乱してきました)笑

今は仕事もプライベートも音楽一色

もちろんスケジュールは超ハード

恋人と呼べる人もいない。爆

お金もそんなにない。

家族にも全然会えない。

それでもね、超が付くほど幸せなんですよね

これこそ音楽の力です。

音楽あっての俺の人生です。

音楽が人生の出会いのほとんどのきっかけです。

その出会いを沢山経て成長してきたんです。

魂を音楽に売ってしまったのかもしれない

いやほんとバカですが、毎日が楽しくて仕方ないです。

さあ

甥っ子のだいちゃん

君は人生で何に出会い、何を選ぶのかしら。

まずは、生を受けたことに感謝ですね

いつでも、そんな気持ちで・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »