« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年8月に作成された投稿

古代魚と紫電改

最近なぜか興味のある2つです。

シーラカンスと菅野直氏の本をさっきアマゾンで注文してしまいました。

束にした日経新聞が恨めしそうに俺を見ています。笑

どうなってんだろう俺の脳みそ

うん

もう一週間きりました、ライブ真夏の空想アルペジオ。

構成組みもバッチシ!

自信アリです!ドキドキしてます!

『この半年で俺は成長したか!していないか!』

勝負ですね

勿論勝ちにいきます!

当日本番前、ひっそりにっしんのフルートをRECしてきます。

みんなにきかせてあげるね。

大阪で久しぶりに皆様に会えるのを楽しみにしています。

明日もお仕事がんばりましょう。

決算棚卸しぃぃぃ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

原点回帰

感動する瞬間がある

私はもともと異常なほどの感動体質である。

先日は数年ぶりにサザエさんを見て、懐かしさに1人号泣しました。

でも感動って掴めないんですよね

すぐ忘れちゃう

それってでもすごく悔しくて

音楽を創ることは自分にとって、保存ファイルなんです。

そして演奏すると甦る。

聴いてる方と感動を共有できるんですね。

例えば、ある夏の、闇が夕暮れを包む瞬間の、感動的な忘れられない空のグラデーションがあったとする

その曲を作り演奏することで、みんなが想像上のスクリーンで感動を味わえるわけです。

この

”感動共有”

こそが、私の音楽に向かわせるすべてなわけです。

忘れないよう、ぶれないようメモの意味も含め記しておきます。

それより、いまさらですが、6/12の静岡イベント、空想の森ACOUSTICの写真を紹介したいと思います。

F

Ff

Fffff

SETLIST

1、上を向いてよう

2、ア・リトル・グライダー

3、夜とトカゲのオーケストラ

4、洋楽メドレー

5、コンパクトミラー

6、うふふ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »