« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月に作成された投稿

緑のアンブレラ

Photo

音符が音となって飛んでいって鳥になるのを僕はみました。

フルートのレコーディングしてきました。

帰りは雨が降っていて、スタジオの森先生にアンブレラを借りました。

ところで

今日はハロウィン

TRICK OR TREAT!!!!!!

うはははは!!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

森永エイジの童謡教室

Image02

え~

こんにちパ

日本童謡動揺してでも愛する会 会長の森永エイジです

秋が深くなってまいりました

秋を題材にした童謡というのは沢山あって、その中から2つ今日は紹介したいとおもいまプ~~

1、小さい秋みつけた

だれかさんが だれかさんが だれかさんが みつけた
ちいさい秋 ちいさい秋ちいさい秋 みつけた
めかくし鬼さん 手のなる方へすましたお耳に かすかにしみた
よんでる口ぶえ もずの声
ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた

サトウハチローさんの詩ですね

え~まずですね、注目してほしいのはまず3行目ですね。『耳にしみる』このしみるという言葉がなにか秋というものが人に与える気持ち、感情をうまく言葉にしております。そしてそのしみる音の主がなんと『もずの声』そうここなんですね!!この歌の1番のクライマックス!!!そうです、もずときました。もずときましたよ!!!・・う~ん苦しい。笑

さて次の曲行きましょう、秋といえばやはりこの曲でしょう

2、赤とんぼ

夕焼小焼の、赤とんぼ
負われて見たのは、いつの日か

山の畑の、桑
(くわ)の実を
小籠
(こかご)に摘んだは、まぼろしか

十五で姐(ねえ)やは、嫁に行き
お里のたよりも、絶えはてた

夕焼小焼の、赤とんぼ
とまっているよ、竿
(さお)の先

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

1番見てください1番を

『負われて見たのはいつの日か』とありますが僕はずっと『追われて見たのはいつの日か』だと思ってました!!勝手に、野良仕事で忙しい日々に追われてるんだなあと感慨深く想っていたのにな、あああ残念(?)笑

でも『負われる』とはどういう意味なんだろう??戦争??ってわけではないのかな?どうなんだろう。やばい動揺してきた、けども日本童謡動揺してでも愛する会 会長として愛しとおしたいと思います・・やはり苦しい

おおおおおおおおおおおおおおおしゃあああああああ

2番見てください

この『まぼろし』きました!!!!この簡単な4文字で、夕陽で赤く染まった雄大で幻想的なイメージが出てくるでしょう!!!あああああ、快感(ほんとすみま)

そそそそそそそしてええええええ

3番ね

悲しいね、悲しいです。秋が人に授けてくれるセンチメンタリズムを⑮で帰ってこない姉さんに託してしまっています。これはちょっとせこいですね!!(許して)

4番そして4番

すべてはここに集約されます、イメージがね

『とまっているよ、竿の先』

今、ほんとに感動して涙がでてきました。爆

完全にネタの日記だったんですが今ほんとうに涙が出てきてあせっています。爆爆

この日記に対するお怒りはフリーダイアルでうけつけています

0120-\\@@-0567 

0120-ややああー怒るな と覚えてください

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チゲ鍋戦争

Photo

賑やかだったのが急に静かになり、なにやら緊張感が走る

そう、湯気が鍋のふたの小さな穴から噴き出した瞬間

それぞれが箸を握り締め、スタートラインに立ったような面持ち

固唾を呑んで見守る

やがて誰かが蓋を開ける

その瞬間

ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

探す前に箸入れる!!!!!

入れてから探す!!!!!!

これは負けられない

そして

この日生まれた名言

『僕の箸は肉しかつかめないんです』

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バンジー急須

Photo

同居人ホリテン君の急須を落として欠けさせてしまつた(^-^:)

暇だ

暇のせいだ

そうでも

年末のビッグライブ企画にどきどきわくわくしている

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バイバイ

Photo

バイバイって

いろんなバイバイがある

また明日のバイバイ

次いつ会えるかわからないバイバイ

永久に会えないバイバイ

いろんなバイバイをして

人は大きくなってくのかな

そしていつか

僕もすべてに永久のバイバイをする

きっと何十年も先だけど

いつかはバイバイなんだね

それは今はちょっと信じられないお話だけど

そう

いつかね

それまでみんな仲良くしようぜ!!!!!!!!

まだまだ楽しみは続いていくんだ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋のやろうさては本領発揮し始めたな

Seitakaawadati1

『昼の明るさに夜の闇の深さがわかってたまるか』

なんてことをかつての哲学者ニーチェは言いましたがそんなことしったこっちゃあありません!!

せんせん!!

だいたい昼間は仕事で室内にいる僕にとって、休みの日に天気がいいとほんとに嬉しくなる(^-^)

もうほんといろんな色が鮮やか

セイタカアワダチソウの黄色と、木々の緑がスカイブルーの空をバックに色の競演

すべてが鮮やかすぎる

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

僕もこんな地球の一員でよいのですか??

ありがとう

ちょっとまって

今、鮮やかなギターを少し縁側で・・

俺も競演させておくれ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽園

20070922113727

僕の心のなかに

こんな場所があったなら

きみはもっと

僕をみてくれるかい

なんてね

明日は17:00から光明池駅前で路上ライブします。

晴れソーダし楽しみデース

あでも寒ソーでもアール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マギーらわしい

20070930214113

HOTと思って買ったらつめたいコーヒーでした。

手をまさぐり入れて冷たいものに触った瞬間のあのむなしさったらないですね

あ~まぎらわしい!!!

はい

レコーディングのお話ですが

まあまあ順調に進んでいます。

歌とギターのガイド(仮入れ)を入れ終わったので、これからドラム、ベース、フルートをとりあえず入れていきます(^-^)

よ=し

今年もあと少し

12月最後にひと騒ぎできるライブイベント考えています

こそこそと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メジャーからみた現在の森永エイジ君

20071010132644

11月11日に行われる、桃山学院大学際『Rock'nRoll Hunting vol,16~Momoyama Sonic 2007』予選通過及び本選出場にともない、音源『上を向いてよう』に対するコメントをいただけました!!。

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント様より

・商売(メジャーとして)考えるとメロディー、言葉ともにまだまだ弱いと思いました。

・日記としては世界観があってよいと思います。

財団法人ヤマハ音楽振興会様

・ビブラートが個性的でした

・歌詞がよく分かってよかったです。

ビクターエンタテインメント株式会社様

・自分にも聞き手にも向けられたポジティブな願いが伝わった。

・等身大の飾らない詩が良かった。

・ギタープレイに幅が広がればより良くなると思います。

でもでもでもでも

そんなの関係ねえ

とは言えません。笑

精進します(^0^)/

| | コメント (7) | トラックバック (0)

僕は元気してます、みんなは??

久しぶりに日記らしい日記を書こうと思うよ(^-^)

10月に入ってからは珍しくライブを控えています

しばらくはやっぱしないつもりです

距離を置くと見えなかったいろんなものが見えてきます

恋愛のそれに似てたりするぜべいべ~

やっとレコーディングに入ってね、ライブとは違う『音楽』と向き合っています。

ぜんぜんうまくいかなくてね、笑 逆にテンションあがってきてます!(^-^:)

ライブではごまかせている粗がすべて目の前にぬりかべのごとく立ちはだかってきます

あ~年内完成は無理だな。(すみませぬよ)

そんで、先日隣に住んでいるおばあちゃんが亡くなりました。

庭で会うといつも『あんた~ほんまええ声してるな~』と言ってくれるカラオケ好きの方でした。

これはショックでした。ききました。

人ってあんな簡単に・・ちょ、ちょい、聞いてないよって泣きたい気持ちでした。

明日でもお線香あげに行かせてもらいたいと思ってます

CDできたらもっていくよおばちゃん

はい

ほんで実は今日エヒメから大阪に帰ってきたばっかで・・

バス降りて思ったのは

う~~ん、大阪のキンモクセイの香り強烈だ~~(@0@)笑

みんな元気でね!!!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

そうプリンでもかじりながら

Cbfeb7eea4c8a4b9a4b9a4ad_01

ふだんの生活から降りてくる

気持ち

感情

その先に

音楽はある

僕にとって1番大事なのは練習することより

日々を新鮮に楽しく生きる(^0^)/

さあ~

asobouze!!!!!

マイフレン♪

窓の外はいつだってすばらしいんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »